• ”思いやる”技術

    1. TOP
    2. 工場で働く社員メッセージ

    工場で働く社員メッセージ

    製造 渋谷 惇貴 Atsutaka Shibuya

    岐阜工場 製造ユニット 製造グループ

    日々の努力が報われることも、
    この仕事の魅力だと考えています。

    高校時代に工場見學に參加し、會社説明や場內見學を通じて、身近に流通しているアルミ缶を製造することに興味を抱き、入社を決めました。私の擔當する仕事は、岐阜工場の製造グループで、アルミと飲み物が直接觸れないようにするための印刷缶の內面塗裝や、缶のネック?フランジ部分の加工などが主なものです。私はラインオペレーターとして、そのための設備の點検や品質チェック、マシントラブルの対応などを擔當しています。人の口に觸れる飲料缶の製造において、設備點検や品質チェックによってトラブルを未然に防ぐことはとても大切な業務です。そのため、トラブル無く1日を終えることができた時にはやりがいを感じます。また、私が擔當したラインで1日の生産數量の新記録を打ち出したこともあり、日々の努力が報われることも、この仕事の魅力だと考えています。

    製造 實兼 啓介 Keisuke Mikane

    岡山工場 製造ユニット 製造グループ

    さらなる作業効率の向上や
    品質の安定化を実現するのが今の私の目標です。

    學生の頃からモノづくりが好きで、仕事でも何か「作る」仕事に就きたいと考え、入社を決めました。アルミ缶はスーパーやコンビニで目にすることが多いので作っている実感が持てますし、この仕事を通して、たくさんの人の身近な製品を作ることのやりがいや楽しさにも気づきました。私は岡山工場で主に缶胴成形のラインを擔當しています。缶のサンプリングや品質チェック、マシンの修正など、やらなければならないことは多岐に渡り、失敗することもありますが、そこから學び、最近ではある程度仕事を任せてもらえるようになりました。岡山工場は成形から印刷、品質管理まで行っていて、様々なプロが集っています。多くの優秀な先輩方の指導のもと、さらなる作業効率の向上や品質の安定化を実現するのが今の私の目標です。

    製造 中村 昂史 Takashi Nakamura

    群馬工場 製造ユニット 製造グループ

    1つ1つ製品の顔を作る作業が、
    やりがいになっています。

    高校時代、工場見學をした際、自分自身の身近にある製品を扱っていると分かり、生産だけではなく、5S活動にも力を入れる等、活発に働ける職場だと知り入社を希望しました。私はプリンター職場に所屬しており、無地の缶に印刷する上での調整作業や検査作業、設備や製品に不具合が生じた際の対応等、多岐に渡って擔當しております。プリンターでは1つ1つの製品の顔を作るという非常に重要な作業になるため、難しいことも多々ありますが、それがやりがいにもなっております。また、自身が攜わった製品に飲料が充填され、コンビニ等の店頭に並んでいる姿を見た時に、社會にも貢獻しているのだという気持ちになり、より一層業務へのモチベーションを高めることに繋がっております。

    生産技術 谷田 康朗 Yasuaki Tanida

    滋賀工場 製造ユニット 生産技術グループ

    リフレッシュできる環境が豊富な滋賀工場は
    良い環境だと思います。

    入社前の工場見學で、様々な設備の大きさと數に圧倒されましたことを覚えています。アルミの板が日頃よく目にするアルミ缶へと成形されていくところに興味が湧き、この工場で働いてみたいと思うようになりました。滋賀工場では缶胴の生産を行っています。その生産設備で使用されている電気機器の修理?保全や、安全性?生産性の向上を目的とした設備の動作改善(制御変更)を行うのが私の主な仕事です。シーケンサーを用いてのプログラム作成?変更の作業は設備の動作に関わり、間違えると事故や設備故障を引き起こす原因ともなりかねません。責任のある仕事である分、思い描いた通りに動作した時には、やりがいと達成感があります。仕事には集中力が必要で、そのためにもリフレッシュできる環境が豊富である滋賀工場は、良い職場環境だと思います。

    技術?開発 杉山 將大 Masahiro Sugiyama

    富士小山オフィス 技術部

    學べば學ぶほど興味も湧きますし、
    大きなやりがいを感じています。

    普段、飲料缶として親しみのある小さな缶が、とても大きな機械でアルミの板を加工してできていることを知り、興味を持ちました。職場の雰囲気など、會社の様々な面を知るうちに親しみを持てたことも、入社の理由の一つです。技術部は塑性加工や表面処理から自動検査、機器制御まで製造プロセスの様々な技術の開発や改良を行う部署ですが、その中で私は印刷塗裝技術ユニットに所屬し、缶の內面にスプレー塗裝を行うインサイドスプレー工程の機械設備の改良や不具合の対処などを行っています。この仕事をしていると、アルミ缶製造の機械にどんな部品が使われているか、どのように動いているのかなど仕組みがわかり、改善方法などを自分で考えていくことができるようになるため、學べば學ぶほど興味も湧きますし、大きなやりがいを感じています。

    品質管理 沖 康之 Yasuyuki Oki

    結城工場 品質ユニット 品質管理グループ

    工場自體はアットホームで
    とても良い環境だと思います。

    電子科で學んだことや経験を活かすことができ、実績を評価してもらえる職場で働きたいと考え、入社を決めました。品質管理グループでは、アルミ缶の製造工程における出來映え検査、不良缶の再検査、倉庫の微生物検査および官能検査、検査裝置や測定機器の保守點検などを行っています。見栄えや衛生面など製品の品質にかかわる検査や點検は、當社の信頼にも関わるとても重要な業務です。責任がある分、検査裝置のメンテナンスなど、自分の得意とする業務で貢獻できることは面白く、やりがいも感じます。まだ入社したての頃に検査裝置のトラブルがあった際、先輩の指導を受けながら自分の手で裝置を復舊させることができたのは、今でも印象に殘っています。重要な仕事を任されている分やりがいもあり、工場自體はアットホームでとても良い環境だと思います。

    人事?総務 園田 悠斗 Yuto Sonoda

    富士小山工場 事務ユニット 事務グループ

    安全な職場づくりに関わっていることが、
    自信とやりがいにつながっています。

    高校では情報ビジネスを専攻していました。ユニバーサル製缶を志望したのは、多くの人が使用する製品の製造に関われるという點に魅力を感じたからです。事務グループは工場の窓口的な役割で、人事、経理、給與、安全、環境など様々な業務を行っています。その中で私は安全と環境を擔當しています。安全面では製造作業中の危険を減らし、従業員の安全意識を高めることが主な役割です。環境面では、工場が地域社會に與える影響を考慮し、環境事故の対応訓練を行ったり、産業廃棄物の処理を委託している會社へ現地確認に行ったりと、デスクワーク以外の仕事も多く行っています。薬品や計算式、廃棄物処理の方法など、覚えることが多く大変ですが、自分が成長していく実感や安全な職場づくりに関わっていることが、自信とやりがいにつながっています。

    萌宅小站